男女

異業種交流会で見つかるビジネス相手|出会いも得る社会人サークル

相手に覚えてもらう方法

色々な職業の人達

異業種交流会では、他の会社の社員に、自分の会社のことを説明する機会も得られます。自社が行なう業務の内容を口頭で説明することもできますが、単に歓談するだけでは真に理解してくれることは難しいでしょう。将来のビジネスパートナーを探す目的で異業種交流会に参加する場合、相手に自社のことを覚えてもらわなければ、提供を結んでもらうことも困難となるのです。東京で開かれる交流会では、資料の配布を行なえます。自社でまとめた資料を参加した人全てに配布すれば、文章や図、グラフなどで分かりやすく自社の業務内容を伝えることができるでしょう。東京の交流会では、さらにプロジェクターなどの機器のレンタルサービスを行なっています。一度に参加した人全てに説明をすることができるので、短時間で自社のアピールをすることができるでしょう。

東京の異業種交流会において、自社のことをすぐに覚えてもらう方法といえば、名刺交換が挙げられます。社名や業種など、名刺に記載することで交流会のような場でも自社のアピールを行なうことができるのです。ただし、営業用の簡素な名刺を相手に渡してしまうと、相手の社員も今までもらってきた名刺と区別がつかなくなるため、こちらに抱く印象も薄いものとなるでしょう。そのため、東京の異業種交流会では、特徴のある名刺を持参することを推奨しています。小さく自分の顔写真を印刷した名刺や、デザインが凝った名刺を送れば、相手からも印象深く覚えられるでしょう。環境負荷も与えず、さらに独特の質感があるストーンペーパーで作られた名刺なども人気です。相手の社員に覚えてもらうには、名刺一つにもこうした工夫が必要となるのです。